【MTG】アモンケット収録カード紹介 その4 | ポケモンカード ポケカジムバトル カード・ゲームショップ Preyz -プレイズ-

ページトップへ

プレイズ 西尾シャオ店

所在地
愛知県西尾市下町神明下57
営業時間
平日)12:00~22:00
土日祝)10:00~22:00
電話番号
0563-65-6000
定休日
年中無休
店長
牧野
デュエルスペース
96
 

【MTG】アモンケット収録カード紹介 その4

プレイズ 西尾シャオ店

2017年04月16日 17時52分

こんにちは、MTG担当石川さんです。

アモンケットではテーロス以来となるサブタイプ-神を持つクリーチャーが収録されます。テーロスの神のようにスタンダードで活躍してくれるでしょうか。

Mしんぎのかみおけちら

「信義の神オケチラ」

アモンケットの神の共通の特徴は、「その色の得意なキーワード能力ひとつ」「破壊不能」「戦闘への参加条件」「戦闘参加条件をサポートする起動型能力ひとつ」の四つで構成されている事です。

白の神オケチラのキーワード能力は二段攻撃で、戦闘参加の条件は他に3体以上のクリーチャーをコントロールしている事。白は比較的生物を並べるのは得意分野なので条件達成はさほど難しくはないでしょう。オケチラ自らもトークンを生み出す能力を持っているのでマナさえあれば単体で運用することも可能でしょう。

Mしゅうとうのかみけふねと

「周到の神ケフネト」

青の神は飛行を持っています。戦闘参加条件は手札7枚以上と少々厳しめ。3マナと軽いものの攻撃するのは難しそう。起動型能力で手札を増やせますがはたしてどこまで戦えるのか。なにげに土地を手札に戻しながら速攻を仕掛けるのが正解な気がしなくもない。

Mえいこうのかみかみばんとぅ

「栄光の神バントゥ」

黒の神は威迫持ち。自分のクリーチャーが死亡したターンにしか戦闘に参加できないという厳しい条件。威迫を持つもののパワーは4と低めなので生け贄エンジンとして活用するほうがいいのかも。使い方が最も難しい神だと思います。

Mねつれつのかみはぞれと

「熱烈の神ハゾレト」

赤の神は速攻持ち。戦闘参加条件は手札が1枚以下であること。赤で速攻を仕掛けていれば手札は自然と減っていきますので条件達成はわりと簡単そうです。さらにイニストラードのマッドネスや共鳴者を組み合わせればアドバンテージを失わずに攻撃に移れるでしょう。マッドネスデッキの期待の新人です。

Mふくつのかみろなす

「不屈の神ロナス」

緑の神のキーワード能力は接死。トランプルでなくて良かった。戦闘参加の条件は他にパワー4以上のクリーチャーをコントロールしている事と他に比べるとかなり簡単な条件です。他の神を一緒に並べるだけで条件達成ですし緑なのでクリーチャーを用意するのは簡単です。構築では一番見る神となるのではないでしょうか?

 

アモンケットは-1/-1カウンターを扱うブロックなので破壊不能も無敵というわけではないですが、それを差し引いても強力なクリーチャーサイクルだと思います。早くロナスとハゾレトでゴッドジャンドが組みたいです。

それでは今回はこのあたりで。また次回。