【MTG】霊気紛争収録カード紹介 その1 | ポケモンカード ポケカジムバトル カード・ゲームショップ Preyz -プレイズ-

ページトップへ

プレイズ 西尾シャオ店

所在地
愛知県西尾市下町神明下57
営業時間
平日)12:00~22:00
土日祝)10:00~22:00
電話番号
0563-65-6000
定休日
年中無休
店長
牧野
デュエルスペース
96
 

【MTG】霊気紛争収録カード紹介 その1

プレイズ 西尾シャオ店

2016年12月09日 14時27分

こんにちは、MTG担当石川さんです。

前回は霊気紛争のプレインズウォーカーデッキ収録のアジャニとテゼレットを紹介しましたが、今回からは公式で公開された霊気紛争のブースターパック収録カードを紹介していきたいと思います。

 

%e3%81%b5%e3%81%a8%e3%81%86%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%ab

「不撓のアジャニ」

ブースターパック版のアジャニ。カラデシュで一部のカードに描かれていたアジャニが本格参戦。M15以来約2年半ぶりのカード化です。

今回のアジャニの能力は、

+2:ライブラリーを上から3枚見て、その中の土地でないパーマネントカードを全て手札に加える。残りのカードはライブラリーの下へ。

-2:「剣を鋤に」相当のクリーチャー除去。

-9:自分のコントロールするクリーチャー全てに+1/+1カウンターを5個乗せ、自分のコントロールする他のプレインズウォーカーに忠誠度カウンターを5個載せる。

の3種類。6マナのPWとしては少々控えめな気がしますが除去が連続で撃てるのはなかなか強力。一つ目の能力は土地も手札に加えられてもいいと思うんですが。ニッサとの差別化でしょうか?

奥義はM15アジャニの小マイナス能力の強化版。ある程度クリーチャーが並んでいればゲームが終わるでしょう。またPWの忠誠度も上げるのでPWコントロールなどのデッキで使えば連鎖的に複数のPWから奥義が飛び出してこれまたゲームが終わるでしょう。

霊気紛争の発売によって環境がどう変化するかはまだ未知数ですが、既存のデッキでは使いにくい印象です。やはり6マナというのがネック。ゲートウォッチ配備デッキに入れるつもりですが、はたして活躍できるだろうか。肝心なゲートウォッチ配備をボトムに送ってしまいそうで怖い。

m%e3%81%8d%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%84%e3%81%94%e3%81%86

「キランの真意号」

スカイソブリンに続く第2の伝説の機体。2マナ4/4飛行警戒とスペックは非常に高いが、搭乗のコストが3と高く、普通の機体デッキには採用しにくそうな性能です。

しかしこの機体の真の力はもう一つの能力にあります。なんと搭乗コストをPWの忠誠度カウンター1個で代用できるのです。

これぞゲートウォッチ配備で待ち望んでいたカード。PWは攻める時は強いのだが防御は苦手。対戦相手のターン中やること無くて見てるだけの状態が多かったのでこれは嬉しい。とりあえずカウンター増やす意味のあまり無いギデオンの忠誠度減らしながらブロッカーにするのが強そう。残念ながら伝説なので複数並べることはできませんが警戒を持ち攻撃にも使えるので非常に心強いです。なにより飛んでるのが偉い。サルカンの抜けた穴がようやく埋まりそうです。

 

これからも新カードが公開されたら紹介していきますのでお楽しみを。

それではまた次回。